人生の物語を1冊の本に紡ぎませんか?

FAQ

質問内容をクリック/タップで回答を閲覧できます
Q. 電子書籍を制作するのに必要なものは何ですか?
A. 表紙データ、目次、本文の原稿、挿入予定の画像や資料、奥付が最低限必要になります。
表紙データなどは別途こちらで制作することも可能ですので、ご相談ください。
以下、ご参考までに必要なものを記載しておきます。
  • 表紙データ一式(JPEGもしくはPNG形式の画像ファイル、PDF形式のドキュメント)
  • 目次
  • 本文の原稿
  • 挿入予定の画像や資料
  • 奥付
などです。
Q. どのようなソフトを使って原稿を作ればよいでしょうか?
A. 原稿を作成するためのツールとして、ワープロソフトやテキストエディタ、画像編集ソフトなどが必要です。
本文が長くなる場合、章ごとにファイルを分けるなどの工夫をされると、編集作業が楽になります。
画像は後から編集しやすいように元データを破棄しないようお願いいたします。
以下、ご参考までに代表的なソフトを記載しておきます。
  • ワープロソフト

    Microsoft Word(有料)
    Google ドキュメント(無料)

  • 画像編集ソフト

    Adobe Photoshop(有料)
    GIMP(無料)

  • デザイン制作ソフト

    Adobe Illustrator(有料)
    Inkscape(無料)

などです。
Q. ページ数やファイル容量に上限はありますか?
A. 現在のところ下記のような上限があります。
  • 電子版

    ファイル容量:650MB以下
    ページ数:8,000ページまで

  • ペーパーバック

    ファイル容量:650MB以下
    ページ数:24~828ページ内

Q. 紙媒体での出版物も対応可能ですか?
A. 弊社は Amazonでの販売を基本としております。
Amazon Kindle Direct Publishing(KDP)により、対応データを入稿することによりペーパーバック版(製本)を発行可能です。
Q. 原稿サイズがA4で、実際の出版はA5で行いたいのですが、対応可能ですか?
A. 対応可能ですが、オプション作業の「レイアウト構成変更、調整」が必要となるため、別途料金が発生します。
Q. 校正は何回行いますか?
A. 原稿データの内容によりますので一律ではないため、一概にはお答えできません。
校正回数が当初の想定より多くなる場合や、対象ページ数が多い場合は、追加で料金をご請求させて頂く可能性もあります。
Q. どの程度の費用がかかりますか?
A. 一般的な出版会社では、約500万円程度の自費出版費用が必要と言われておりますが、弊社では極力費用を抑えたスタイルで出版を行っております。
なお、原稿サイズとページ数により費用は変わりますが、当サイトには「概算お見積り」もございますので一度ご確認ください。
ご不明な点は弊社までご相談ください。

以下、ご参考までに選択肢を記載しておきます。
  • 原稿サイズ

    学術本・文芸本(A5 縦書・横書)、文庫本(A6 縦書)、絵本など(A4)

  • ページ数

    100ページ以内、200ページ以内、300ページ以内

  • インク種類

    カラー、白黒

などです。
Q. なるべく出費を抑えて出版するために、気を付けるポイントはありますか?
A. 原稿はA4だけどA5で出版したい。というような場合、リサイズしてレイアウト変更を行う必要があり、全体の作業量が増えてしまいます。
その結果、制作料金も上がってしまいますので、ご希望される『出版したいサイズ』で原稿を作ることをお薦めします。
Q. 街の書店へ納品、販売することはできますか?
A. Amazonでの販売(電子書籍及びペーパーバック)を基本としておりますが、一般流通用に ISBN(国際標準図書番号)や「書籍JANコード」を別途登録申請することは可能です。
ただし、書店など一般流通は弊社の業務範囲外となりますので、お客様が独自に書店様と交渉いただくようになります。
また、Amazonの電子書籍などストアの条件により、流通に対する制限が発生する場合もございますので、予めご了承ください。
Q. ロイヤリティはどうなりますか?
A. ロイヤリティはペーパーバック(製本)よりも電子書籍の方が高くなります。
ペーパーバックの場合は、カラー画像の有無や本のボリューム等により、印刷コスト等の費用が必要となるためです。
なお、ロイヤリティは一般的な出版会社より高くなりますので、詳しくは別途ご相談ください。
Q. どんなジャンルの原稿でも大丈夫ですか?
A. kindle direct publishingの「コンテンツガイドライン」に沿って頂ければ特に規制はございません。
まずはご相談ください。
Q. 売れ残った本はどうなりますか?
A. 電子書籍版は物理的な在庫の心配は不要です。
またペーパーバック版についても、プリント・オン・デマンド(POD)に対応しているため、注文ごとに製本されますので、こちらも在庫や売れ残りの心配は不要です。
Q. 本を出版するまでの期間はどのくらいかかりますか?
A. 頂く原稿にもよりますが、最短では約1ヶ月程度で出版可能です。
ですが、その時の混雑状況により、通常よりも作業が遅れる場合がございます。